【比較してみた】SK-Ⅱフェイシャルトリートメントエッセンス / GCフェイシャルエッセンス

ジェネリック化粧品株式会社から発売中の『GCフェイシャルエッセンス』をお試しさせて頂きました。

スポンサーリンク

主成分『ガラクトミセス培養液』

化粧水は長年『SK-Ⅱ フェイシャルトリートメントエッセンス』を愛用しています。

今回『GCフェイシャルエッセンス』を使ってみたいと思ったのは、

どちらの化粧水も主成分として『ガラクトミセス培養液』が記載されているからです。

出典:「ジェネリック化粧品 株式会社」公式サイトより
出典:「SK-Ⅱ公式ショップ 楽天市場店」より

『SK-Ⅱ』と『ジェネリック化粧品』を徹底比較してみた!

ざっとまとめるとこんな感じです!

GC
フェイシャルエッセンス
SK-Ⅱ
フェイシャルトリートメントエッセンス
価格4,950円
(サブスクだと50%OFFの2,475円)
20,350円※
内容量150ml160ml※
主成分ガラクトミセス培養液、
サッカロミセス/
(黒砂糖/プラセンタエキス)発酵液、
水、グリセリン、
イソペンチルジオール、
1,2-ヘキサンジオール、
ナイアシンアミド、
フェノキシエタノール、
ソルビン酸K
(全成分)
ガラクトミセス培養液(ギュウニュウ)、
BG、ペンチレングリコール、
水、安息香酸Na、
メチルパラベン、ソルビン酸
無色無色
香り無臭
(※肌に乗せるとあり)
無臭
(※肌に乗せるとあり)
テクスチャさっぱりさっぱり
使用感浸透しやすく、サラッとしている浸透しやすく、サラッとしている
※フェイシャルトリートメントエッセンスは容量によって価格が異なります。

基本情報

GC フェイシャルエッセンス

<内容量>150mL

<価格>4,950円(税込)※サブスクリプション(定期便)は50%OFFの2,475円

<主成分>ガラクトミセス培養液、サッカロミセス/(黒砂糖/プラセンタエキス)発酵液、水、グリセリン、イソペンチルジオール、1,2-ヘキサンジオール、ナイアシンアミド、フェノキシエタノール、ソルビン酸K

<生産国>日本

SK-Ⅱ フェイシャルトリートメントエッセンス

<容量/税込価格>
75ml/10,890円
160ml/20,350円
230ml/26,400円 

<全成分>ガラクトミセス培養液(ギュウニュウ)、BG、ペンチレングリコール、水、安息香酸Na、メチルパラベン、ソルビン酸

<生産国>日本

価格

言うまでもなく、コスパはGCフェイシャルエッセンスの圧勝です。

1mlあたりの価格も計算してみたw
GC
フェイシャルエッセンス
SK-Ⅱ
フェイシャルトリートメントエッセンス
1mlあたりの価格33円127円

その差はおよそ3.8倍…SK-Ⅱ恐るべし…!!

内容量

GCフェイシャルエッセンスは150mlで約2ヶ月分(公式より)

SK-Ⅱフェイシャルトリートメントエッセンスは75ml・160ml・230mlの3サイズ展開です。

私は230mlを4ヶ月~半年ほどで使い切ります(他商品もがっつり併用しています←)

成分

いずれも主成分は『ガラクトミセス培養液』です。

しかしGCフェイシャルエッセンスに入っている『ガラクトミセス培養液』と

SK-Ⅱフェイシャルトリートメントエッセンスに入っている『ガラクトミセス培養液』は

同じものではありません。

そもそも『ガラクトミセス培養液』とは、天然酵母の糸状菌『サッカロミセス科ガラクトミセス属』

の酵母を生育増殖させ、ろ過して生成する液状成分の総称です。

主にお酒造りの工程で使用される成分のようです。

酵母の数だけ『ガラクトミセス培養液』が存在し、その全ては異なる物質である、という事。

SK-Ⅱの公式サイトにも、以下のように記述されています。

ピテラ™とは…特別な酵母の株から、独自のプロセスで発酵させ生み出した、
SK-IIだけの天然由来成分(SK-II独自のガラクトミセス培養液-整肌保湿成分)

SK-Ⅱ公式サイトより

たとえ主成分が『ガラクトミセス培養液』と書いてあっても、

フェイシャルトリートメントエッセンスにはSK-Ⅱ独自の酵母を元にした

『ガラクトミセス培養液』が配合されているし、

GCフェイシャルエッセンスにはジェネリック化粧品独自の酵母を元にした

『ガラクトミセス培養液』が配合されているため、

同じ成分が配合されているわけではないのです。

…分かりづらくてすみません(笑)

私もはじめは何がなにやらさっぱりでしたが、かずのすけさんがピテラについてYouTubeで

解説されているの動画があって、その中で『ガラクトミセス培養液』にも触れておられるのですが、

日本酒に例えて説明されていて、それががとても分かりやすかったです。

色・香り・テクスチャー

明らかにSK-Ⅱの量が少ないです。…そういうことです。

化粧水はいずれも無色透明で、とろみはなくサラサラとしたテクスチャーです。

そして2つの商品に共通して言えることなのですが、

どちらの化粧水も液体そのものをにおっても無臭なのに、手のひらや肌に乗せると

けっこうしっかり香りがあります。不思議ですよね。

SK-Ⅱは…あの、なんとも言えない納豆みたいな香り(個人の感想です。笑)

GCフェイシャルエッセンスはシナモンのような香りがあります。

香りだけで言えば、GCフェイシャルエッセンスの方が私は好きです(きっぱり)

使用感

どちらの化粧水もシャバシャバタイプでサラッとしているので、肌にすっと浸透する感じがします。

でもさっぱりし過ぎている感じはなくて、特にGCフェイシャルエッセンスの方は

つけたあと肌に吸い付くようなモッチリ感があります。

秋冬の乾燥する時期はもちろん、つけ心地が軽いので通年で使いやすい化粧水だと思います。

まとめ

今回、ジェネリック化粧品株式会社から発売中の『GCフェイシャルエッセンス』を

お試しさせて頂きました。

私はメイクよりは基礎化粧品を重視したいと思っていて、「これ」というものを見つけるために

色々試すのも好きです。

化粧水に関してはSK-Ⅱフェイシャルトリートメントをとてもとても気に入っていて、

他のものに変えるつもりはないです。

とはいえGCフェイシャルエッセンスはその気持ちが一瞬揺らいでしまうくらい(笑)

使用感が良くて、使い続けると肌がツルツルとした手触りになっていきました。

使用感や香りの感じ方など、フェイシャルトリートメントエッセンスと似ているところも

たくさんあったし、サラサラとしたテクスチャーや肌への浸透の良さが素晴らしく、

とても使い心地がよかったです。

化粧水難民になっている人やなんとなく肌調子が悪い人には

是非一度使ってみてほしい、そんな化粧水でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ジェネリック化粧品ファンサイト参加中
タイトルとURLをコピーしました